バックで車庫入れ

後方はミラーで確認し、ドライバーのポジションはそのままでバックという方法もあるが、基本的にはリアウインドウごしに確認をしながらバックをしてほしい。次に車庫入れ。もちろんバックで入れるのがかっこいい。まず、あまり道の端には寄せてはいけない。端に寄せすぎると、いくらステアリングを切ってもクルマは曲がり切ってくれないからだ。できれば、やはり1mほど間隔を開けて止める。バ(米) ックするときは、車庫の角にリアタイヤをかすめるくらいの気持ちでステアリングを切っていこう。このときに前方にもよ-く注意を払うこと。道幅が狭いと、外輪差でクルマが反対側の壁や障害物にぶつかることもあるからだ。車庫の角をリアタイャが通過したら、ステアリングはフルロックまで切る。そして、ボディが半分ほど車庫に入ったところでステアリングを戻し始める。クルマが真っ直ぐ向いたときに、ステアリングも真っ直ぐになっているようにしてほしい。どこが真っ直ぐだかわからないという人は、ステアリング操作の章をもう一度読むこと。この車庫入れのときに注意してほしいのは、次章でも触れるステアリングを必ず真っ直ぐの位置にして止めておくということ。ステアリングを曲げておくと次の発進時に危険だし、そのまま長期間止めておくとサスペンションにも悪影響を与えることがあるからだ。また、きっちりと障害物ギリギリまでバックするというのも、見ててなかなかカッコがよい。車を売ってお金を手に入れたいなら、中古車 高く売る ←まずはここへ!

DY028_L