スポーティな操縦性

325iと同じエンジンとドライブトレーンを使用しているものの、そのレイアウトは微妙に異なっているから、このようなスポーティな操縦性になるわけだ。牛涯台数力沙ないため、日本にI鍾入されない スポーティセダンのメーカーであるBMWが、世に送り出す初のスーパーグランツーリスモがこの850iである。V型12気筒エンジンが絞り出す300馬力というビッグパワーがドライバーを250km/hの世界へ招待するフロントは、BNWの名車であるM1を掘弗させる。この低いボンネットの中に12気筒力叫叉納される 0~100km/h力唾はわずか7.4秒bもちろん、オートマチックでだ。ヨーロッパでは6速マニュアルも販売される エンジンなど主要コンポーネンツは325iと同じものを、ドアは電動で上下へスライドするというユニークなもの 改造点は、3.52エンジンのチューン、サスペンションの強化、インテリアの変更などもつまり、ほとんどの部分に手力功pえられているということBMW車をチューニングし、それを改造車ではなく、自社の製品として販売することを許されているメーカー、アルピナ。この異色のBMWについても、わずか2台ではあるが、操るためのテクニックを紹介しておこう。まず、最初に注意しなくてはいけないのは、エンジンの扱いだ。アルピナチューンのエンジンは、低回転があまり得意ではないということを覚えておかなくてはならない。B川の3.52エンジンもトルクがあるとはいえ、おいしいのはやはり3000回転付近から。B6もがんがんレッドゾーン付近まで回して乗ってほしい。車、好きですか?←車好きならこちら!

DY033_L