バックで車庫入れ

後方はミラーで確認し、ドライバーのポジションはそのままでバックという方法もあるが、基本的にはリアウインドウごしに確認をしながらバックをしてほしい。次に車庫入れ。もちろんバックで入れるのがかっこいい。まず、あまり道の端には寄せてはいけない。端に寄せすぎると、いくらステアリングを切ってもクルマは曲がり切ってくれないからだ。できれば、やはり1mほど間隔を開けて止める。バ(米) ックするときは、車庫の角にリアタイヤをかすめるくらいの気持ちでステアリングを切っていこう。このときに前方にもよ-く注意を払うこと。道幅が狭いと、外輪差でクルマが反対側の壁や障害物にぶつかることもあるからだ。車庫の角をリアタイャが通過したら、ステアリングはフルロックまで切る。そして、ボディが半分ほど車庫に入ったところでステアリングを戻し始める。クルマが真っ直ぐ向いたときに、ステアリングも真っ直ぐになっているようにしてほしい。どこが真っ直ぐだかわからないという人は、ステアリング操作の章をもう一度読むこと。この車庫入れのときに注意してほしいのは、次章でも触れるステアリングを必ず真っ直ぐの位置にして止めておくということ。ステアリングを曲げておくと次の発進時に危険だし、そのまま長期間止めておくとサスペンションにも悪影響を与えることがあるからだ。また、きっちりと障害物ギリギリまでバックするというのも、見ててなかなかカッコがよい。車を売ってお金を手に入れたいなら、中古車 高く売る ←まずはここへ!

DY028_L

縦列駐車

このときに、後鰯車に追突されないようにハザードをつけておくとよいだろう。例えば、駐車場.狭いスペースに顔色ひとつ変えずにクルマをスッと入れてしまうドライバーがいたら、やっぱりカッコよく見えるだろう。こういったコツをお教えしておこう。え、教習所で教わったって?.思い出してほしい。教習所では、1mごとにパィロンが立っていて、「何本目のパイロンの所に来たらステアリングを切って・・・」と習ったはずだ。ところが、街中のどこにこのような親切なパイロンが経っているだろうか・目標物がないと、こんなに簡単そうに見える事もなかなかでごわい。まず、縦列駐車。自分の車の全長+1mの間隔が合ったら確実に入れるということを頭に入れておいて欲しい前車から1mほどの間隔をとって真横につけ、ステアリングを切りながらバックする。この時注意しなくてはならないのが、あまり前車の右後端に近づかないということ。このままでは歩道に乗り上げてしまうかな、と感じてからステアリングを右にいっぱいに切る。この時にあまり右後端に近いところを通っているとステアリングをめいっぱいに切る事が出来ない。失敗したらその位置で何度やり直そうとしても深みにはまっていくばかりだから、もう一度最初の位置に戻ってからやり直すのが良いだろう。カッコ悪いのは車を入れることができずに何度ももがいているドライバーだ。三度の飯より車が好きなら→こちらから、車に関する情報をご覧ください。

DY055_L

オートマチック

ホイールスピンをアクセルでうまくコントロールできれば、最大のトラクションを得られるスリップ率に保ちながら加速でき、いいタイムをマークできると思う。西ドイツではマニュアル仕様も販売されるらしいが、日本に輸入されるのはオートマチックのみ。しかし、よほど腕に自信のあるドライバー以外は、オートマチックの方が速いハズ。車高も750iLの1400mから1340mになって、重心位置もかなり低くなったようだ。これに235/別という極太タイヤのグリップカが加わって、コーナリングスピードの限界点は相当上がっていることだろう。楽しみな1台だ。ワインデイングロードは速く走れる。しかし、フィニッシュの車庫入れがきまらないんじやどうひいきめに見ても運転のうまいドライバーには見えない。では、どこをどうすればうまく見えるのだろう。ワインディングロードで速いばかりが能じゃない。ちょっとしたことが肝心だ。どのような運転をしたらカッコよく見えるのか?これはなかなか難しい質問だ。たしかにワインディングロードを誰よりも速く走り抜けるのはカッコいいかも知れない。しかし、箱根のコーナーに女のコたちがいるわけじゃないから、拍手なんかしてもらえない。見ていたとしても、どのクルマが速いかなんてわからないだろう。要はちょっとしたことがカンジンなのだ。とことん車が好きなら→こちらから、こころゆくまでお楽しみください。

DY031_L

クーペボディ

750iL以上にアクセルの踏み方をデリケートにしないと、同乗者の首が疲れることになるだろう。750iL同様アクセルを強く踏み込むのは一度ジワーッと踏んでからだ。といってしまえばそれまでだが、それを感覚的にではなく、スペックから推測でコーナリング性能も750iLよりよさそうだ。クーペポディだから当たり前といってしまえばそれまでだが、それを感覚的にではなく、スペックから推測できるのだ。まずホイールベース。750iLの2945mから850iでは